老犬 臭い カンファペット

↓我慢できない老犬のニオイを即改善の消臭剤カンファペット↓

カンファペットシニア犬臭い

 

シニア犬の臭いニオイ体験談

私の近所の家に住む大学教授の家に老犬がいて、その匂いがたまらなく臭かったんですが、失礼すぎて言えなかったんですね。
前にご飯をご馳走になったんですが、鼻の息をずっと止めていたので美味しいかどうか良くわからない感じでした。

 

ワンちゃんのにおいは一度染み付くと簡単に取ることが出来ません。
しかも、その環境で生活しているといつの間にか慣れてしまって自分ではニオイに気づかなくなることも多いです。

 

一応ファブリーズなどの消臭剤もおいてありましたが、ペットには使えないので微妙です・・・
ソファーとかにもニオイが染み付いてしまっていました。

 

後日、あまりにもシニア犬の体臭がひどかったのでペットでも安心して使える犬用の消臭剤をネットで見つけたのでプレゼントしました。

 

しばらくして教授の家にお邪魔したらびっくりするぐらい匂いがスッキリなくなっていて安心しました。
奥さんからも感謝されたのですごく良かったです。

 

でもあの臭いはホントきつかったです。生臭いというか、ドブというか。なんともいえないニオイでした(゚д゚)

 

その時に差し上げた消臭剤がカンファペットというペット専用の強力な消臭剤です。

 

>>ペット用消臭剤カンファペットの詳細はこちら

 

老犬の臭い対策に効果抜群!カンファペットの特徴

シニア犬のニオイって強烈なので、普通の消臭剤じゃダメなんですね。でも、ファブリーズとかはワンちゃんの体に悪いので使えません。
なので、ペット専用の無害で強力な消臭剤が必要です。

 

ペット専用の消臭剤カンファペットをざっくり言うとどんな消臭剤なのか?カンファペットの特徴をまとめました!

 

老犬が臭いのを今すぐなんとかしたい!カンファペットで体臭対策!

 

特徴その1:強力消臭・強力除菌だけど、ペットの目や口に入っても安全!!
ニオイの成分を分解して、無臭化してくれる!
毎日使っても1カ月使用可能で、初回限定で限定で詰替え用を1本無料。30日間返金保証付き
味の素、キッコーマン、アサヒビール、日本赤十字社など、500社以上の企業に導入されている
シュシュッとするだけでお洗濯したようにすっきりさわやかで、ソファやマットなど頻繁に洗えない布製品にぴったり
湿気などで臭いが部屋にこもりやすいこれからの季節、シュシュッとするだけでお風呂に入れたと同じように清潔感を保てる
ペットだけじゃない。安全性の高い消臭除菌剤ですので、ペットだけではなく「人間」に対しても使うことができます。

 

カンファペットはたとえば、次のような場面でも使えます!

 

● タバコのニオイ
● トイレのニオイ
● 靴中のニオイ
● 生ゴミのニオイ
● 衣服についた焼肉や揚げ物のニオイ
● カビのニオイ
● 汗のニオイ
● スポーツ用品(剣道防具等)のニオイ
● キッチン・調理器具の除菌
● おじさんの加齢臭(笑)

 

カンファペットシニア犬臭い

シニア犬の体臭の原因は?

老犬の体臭の原因は色々ありますが、犬の汗の放出の仕組みが関係しています。

シニア犬臭い


汗を放出する線である汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。

 

エクリン汗腺は人間や馬にあり、出る汗は透明です。ところが犬や猫はこのエクリン汗腺が少ないんですね。鼻の頭とか手足の裏とかにしかありません。
鼻の頭がしっとりするのはこのためです。

 

その代わりに、アポクリン線という白い脂汗を出す汗腺が全身に幅広くあります。
このアポクリン線から出る汗はにおいが強く、フェロモンの役割も果たしているといわれています。

 

人間と違ってアポクリン線から出る汗が臭いんですね。
アポクリン線から出る汗は元々臭いんですが、これがさらに色んな原因で臭くなります。

 

色々調べたところ次の3つが臭い老犬のニオイの原因になるようです。

 

運動不足

実はシニア犬のコレが一番の原因です。

 

運動することにより、エクリン線から汗を掻いてくれるので体の老廃物が排出されます。
でも、運動していないと体の代謝で老廃物が排出されないので、かわりにアポクリン線からたんぱく質や脂が排出されます。

 

これが悪臭を放つんですね。

 

シニア犬は運動不足により体の中の老廃物が溜まりやすいのが体臭の原因になるようです。

 

腸内環境の悪化

腸内環境が悪化していると、消化不良を起こしてしまい体臭や口臭の原因になります。

 

シニア犬は内臓が弱ってきているので、肝臓や消化器官も衰えてきてしまっているので特別な配慮が必要です。

 

フードを変えたり、サプリで改善できます。

 

食べているドッグフード

ワンちゃんが食べているドッグフードに添加物や粗悪な原料が入っていると、これがそのままクサイ臭いの原因になります。
添加物やにおいの元になる原材料はクサイ臭いとして代謝されて排出されるんですね。

 

なので、ドッグフードが変なにおいがする場合は体臭もくさくなります。

 

また、フードが変なものだと腸に添加物が溜まってしまい、腸内環境も悪化してしまいます。
うちの子はフードを無添加のものに変えるだけで体臭や口臭が改善しました。

 

 

カンファペットシニア犬臭い

ワンちゃんの体臭改善におすすめのドッグフード

私が実際に試してみた体臭改善に良いドライフードを集めてみましたので、参考になれば幸いです^^
体の弱ってきたシニア犬には無添加で国産のものがおすすめですが、ワンちゃんによっても好みがわかれますので色々試してみるのがおすすめです。

 

ここにあるのは実際にうちの子が食べているものばかりです!

 

ドクターケアワン


獣医さん監修、国産、無添加のドッグフードです。

 

腸内環境を整えてくれるので、口の臭いニオイや体の臭いも減ります。うちのしば犬のシニア犬はこれで体臭と口臭ががかなり減りました。
食いつきも抜群でおすすめです。

 

粒が小さいので老犬でも食べやすいです。

 

>>Dr.ケアワン無添加ドッグフードの詳細はこちら

 

ナチュロル


ナチュロルは穀物不使用で100%オールナチュラルの珍しいドライフードです。
ナチュロルは100円からお試しができるのがよかったです。
うちのトイプードルはこれで体臭が収まりました。

 

穀物とグルテン(小麦)フリーなのでアレルギー物質や添加物が入っていませんし、体臭改善に効果的みたいですね。

 

無添加だと美味しいんでしょうね。食いつきがいいですね。てか食いつきよすぎです。

 

100モニターを使う場合ですが、初回のお試し品が届いてからすぐに連絡すれば定期便をキャンセルすることができます。安いのに定期縛りもありません。

 

>>ナチュロルの詳細はこちら

 

モグワンドッグフード


人間が食べられる新鮮な食材を使っていて、無添加です。

 

手作りのフードを作ってあげたいけど、時間的に厳しいし、普通のドライフードの添加物が心配という方におすすめです。
うちで最初に使っていたナチュラルドッグフードがこれでした。

 

今はドクターケアワンを使っているのでやめてしまいましたが、初めて使ったナチュラルドッグフードで感慨深いです^^

 

>>モグワンドッグフードの詳細はこちら

 

アランズナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード ラム肉
生のラム肉を55%使用していて贅沢です。
涙やけや体臭に悩んでいるけど、肉系のドライフードが好きなワンちゃんにおすすめです。

 

ラムが原料の主体なのでなので、牛肉や豚肉、チキンや小麦などのアレルギーが心配な子におすすめ。

 

無添加で食いつき抜群です。

>>アランズナチュラルドッグフードの詳細はこちら

 

 

ブッチ

新規バナー
ブッチは世界一ペットの環境規制が厳しいといわれているニュージーランドで一番人気があるナチュラルドッグフードです。

 

ウェットタイプのドッグフードなので食いつきがよくて、歯が弱ってきたシニア犬でも良く食べてくれますが、デメリットはちょっと高いことですね。

 

個別に包装してあって管理も楽なので旅行とかおやつにいいですね。

 

>>ブッチの詳細はこちら

老犬の口臭や体臭ってどうすれば治るの?

高齢のワンちゃんの口臭に歯垢の除去を薦める獣医が多いです。

(ここだけの話、実は歯垢の除去は犬にとって命とも言える歯を取り扱うため、素人では難しく、
全身麻酔などをしたりして取るために、獣医にとっては大事な収入源なので薦める人も多いのです。)

 

確かに歯垢の除去は大切です。犬にとって命とも言える歯なので、それは事実ですが、
口臭の原因の多くは腸内環境にある場合が多いのです。

 

よく考えてみてください。毎日歯磨きをしている人間でも、口臭の人多いですよね?
原因は腸内環境の方が多い場合があります。

 

腸内環境が悪化すると、胃腸の消化吸収が弱まり、消化不良を起こします。

 

消化不良を起こすと、吐く息や、嗚咽(おえつ)、腸内の悪臭物質が血液を通して、汗などと一緒に排出されて、嫌なニオイの原因となります。

 

その為、腸内環境を整えると、口臭・体臭・便臭などの消臭効果を出すことができます。
それに、消化吸収を高める事ができるので免疫力の維持や、毛づやの改善など様々な健康効果が高いのです。

 

犬も同じように腸内環境を大切ですので、フードを変えたり、腸内環境を整えるサプリをあげるなど腸内環境を整えてあげるとよいです。

 

page top